2008年10月12日

残りの二人はゴール!

男の子2人は、4時前にゴール地点に着いたそうです。
26時間での完歩。お見事です。
良かった良かった!

送ってきた証拠写真↓
Image002.jpg
私もこの景色を生で見たかったなぁ。

ゴール出来たら、社長が1万円分のご馳走をしてくれると約束してくれてたんですって。
私達は3千円くらいご馳走してくれるかな?(淡い期待)

私は昼過ぎに買い物に出掛けました。
姑が先週、80歳を迎えました。
ますます元気な姑。
お祝いに悩んでいたら、ポールが聞いてくれ、ガードルが欲しいとのこと。
ワコールの良いのをプレゼントしました。

Image1130.jpg
帰りに綺麗なウロコ雲が。
明日も良い天気でしょう!


posted by チカ at 17:55 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

35kmでリタイアです

第1チェックポイント地点の35kmに、制限時間の午後11時に到着しました。
もちろん、その先に進める余裕もなく、リタイアしました。
当初から、そこが私たちのゴールだと思っていたので、時間内にゴールできただけでも満足の結果です。
一緒に歩いた(先週一緒に歩いた)後輩は、足を引きずりながらでしたが、最後の100mは脅威のラストスパートで私よりも若干早く辿り着きました。
後2人の男の子達は、きっと今もゴール地点を目指して頑張っていることでしょう。

朝早い時間は雨が残っていましたが、スタート時にはすっかり暑いくらいに。
早めに受付を済ませ、残りの3人の到着を待ちました。
4人でおにぎりを食べ、記念撮影。

スタート直前、近くに住んでいる同僚が応援に来てくれました。
夜を徹して歩くと聞いて、眠気覚ましのガムを持ってきてくれたんです。
全く予想外のことだったし、しかも彼女は家にケータイを忘れてきてて、もしかしたら会えなかったかもしれなかったんです。
スタートした後も、手を振ってくれました。

20km手前での給水ポイントでは、当初一緒に参加することにしていた社長以下、6人の社員がボランティアで参加していました。
2人の男の子は、ずっと前に元気よく通過したそうで、なかなか到着しない私たちを心配した社長から何度も、今どこか?と電話がありました。
女の子たちからは飲み物とゼリーをもらいました。
デジカメでも記念撮影をしてくれました。

その先の地点でも、社長の幼馴染の人が道案内でいて、ずっと昔に2〜3度会っただけでしたが、「あ、あんたG社の人やろ?」と、暗いところだったのに見つけてくれました。
さらに、給水地点で会った男性社員が車で追いかけてくれていて、途中でおむすびとサンドイッチを差し入れてくれました。
その先でももう一度車で追い越しながら、ガンバレヨー!と叫んでくれました。
周りの人もビックリしてましたが、嬉しかったです。

25km地点で、最後尾を歩く指導員のおじちゃま達に追いつかれました。
この方たちは、自身も参加者でありながら、行方不明者を出さないように休憩している人に声を掛けながら歩いています。
また私たちのようにギリギリでゴールできそうな人には、ストレッチを教えてくださったり、下げている荷物を持ってくださったり。
私たちも我流でストレッチしていましたが、意外だったのが正座。
太ももが伸びるだけでなく、足首も効率よく伸ばすことができました。
結局、チェックポイントまでの道を一緒に歩いてくださいました。
本当にお世話になりました。

ポールにチェックポイントまで迎えに来てもらうようにお願いしていました。
何度かその手前の地点で私たちを待っててくれて、あと少し!と声をかけてくれました。
到着してからは、記念写真を撮りました。
心配していた社長に電話すると、労をねぎらってくれました。

車の後ろはシートを前に倒して、布団を敷いてくれてました。
2人で転がり込むように乗り、そのまま眠りながら北九州へ戻りました。
途中で車を停めてもらい、靴下を脱がせたり、体の向きを変えさせたり。
わがまま放題の私を、隣にいた彼女はどう見ていたのか(笑)。

彼女を家まで送ったので、帰ったのは2時過ぎ。
家の前まで送ると言ってるのに、その手前で良いですと言い張る彼女。
どう考えても、そこから歩いて行くのは危ないし、きっと歩けないだろうと、ポールは狭い道を入り込んでようやく家の前に到着。
今頃、泥のように眠ってるのかな?

足の痛みは、両足裏の水ぶくれ、足首、ふくらはぎ、脛、太もも、お尻に至るまで、下半身は全て痛いです。
水ぶくれはスタート直後から感じていて、歩くたびに水が足裏を動く感覚があって、これが気持ち悪いの何の。
でも、前回の時のほうが痛みが強かったかも。
冷却スプレーを使ったのと、途中で教えてもらったストレッチが効いているのかもしれません。
後は、夜の涼しい風に吹かれながらだったので、適度に体が冷えたのも良かったのかもしれません。

最後に一緒に歩いた指導員さんに、来年も来てよ!と言われました。
今の状態だと、とても無理ですが、今後のトレーニング次第では必ず歩けるようになるそうです。
まずは、時速6kmで歩けるようになること。
その6kmを、1kmずつラップを取り、常に同じペースで歩けるようになること。
今回のタイムは9時間で35kmなので、3.9弱。
まだまだですねぇ。

結局2500人くらいの参加者がいて、それよりももっとたくさんのボランティアの方がいました。
また、沿道に応援の方がいて、私たちに声援を送ってくれました。
本当にたくさんの方がこのイベントに関わって、安全に歩きぬくことができました。
とってもとっても感動的な一日でした。
死ぬまでには、100km完歩出来るように、これからも頑張ります。
posted by チカ at 14:37 | Comment(6) | TrackBack(0) | 歩いてます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。