2009年07月04日

まるでケーキみたい♪

Image473.jpg
今日は中級の最終レッスンでした。
基礎コース26の中で、一番ハードな作業をする このパンパンチ

たっぷりバター、卵1個分入った、思いっきり柔らかい生地。
「先生、これ、ちゃんと まとまるんでしょうか?」
と、質問してしまったくらいに、いつまでもベタベタとしてました。
必死で捏ねて、ようやく まとまってくれました。
ひー、疲れた。発酵中に休憩じゃー。
なんて、ひと段落着く間もなく、クリーム作りが始まりますバッド(下向き矢印)

作るクリームは、カスタードとアーモンドクリームの2種類。
クリームの材料は、予め先生が準備してくれているので、先生が説明しながら材料をボウルに入れてくれて、私は次々に手を動かすだけ。
まるで、先生が助手みたい。。。?
混ぜると言う単純作業ながら、混ぜ方に色んなコツがあり、頭の中に刻み込みながら、手をグルグル。
着々と悲鳴を上げる右腕に、先生が「後ひと息!」なんて励ましてくれるので、何とか頑張れたってもんですよ。

クリームが出来上がったと思ったら、既に一次発酵が終了。
生地を休ませている間にも、作業。
それが終わったら、すぐに成形。
成形中に、いよいよテンパった私は、目の前にパンがあるのに、
「あー、早くしないと発酵が終わるぅ〜!」と叫んでしまい、周りの生徒さんが、
「え?同時進行してるんですか?」って。
んな訳無いですふらふら。1つしか作ってないんですからね。
先生は、
「あら、チカさん余裕そうだったのに、イッパイイッパイ?(笑)」
えぇ、そうですとも。
立ちっぱなしで、全然のんびり座ってる暇なんて無いんですもの。
足が痛いし、腕はだるいし。

材料の多さ、作業の辛さに、家で復習出来るかな?ってか、しようと思うかな?と心配だと訴えると、
「でもね、苦労した分、メチャメチャ美味しくて、また作りたくなるよ〜!!」
と言うことでしたから、そりゃ美味しいんでしょうよ。
「今日のレッスンの通りに作ったら、また家でテンパってしまうから、クリームは先に作っていいですか?」
「もちろん、私もそうした方が良いと思います!」と自信満々に言われました。
やっぱり、みんなも そうしてるみたいひらめき

とまぁ、こんなに大変だったんですが、2時間のレッスンを15分以上も余らせるくらいに、スピーディに出来上がりました。(パチパチパチ)
今日のパンは、ビニール袋ではなく、ケーキ用の箱プレゼントに入れてお持ち帰りでした。

帰ってから、早速切り分けてみました。
Image474.jpg
中のクリームが、まだ少し温かい〜。
生地は、すぅ〜っと口の中で溶けていきます。
クリームの甘さと、艶出しで塗ったアンズジャムとの相性がバツグンぴかぴか(新しい)
本当に美味しい・・・(感涙)。
確かに、苦労して作った甲斐がありましたよ、先生!


posted by チカ at 23:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。