2014年06月22日

コーヒージェリー


期間限定第三弾のコーヒージェリーフラぺ。
今回も無料券を使ってゴージャスカスタマイズしますよ。

エスプレッソ1ショット追加、ホイップはチョコ用に変更、更にキャラメルソースを仕上げに追加して。

無料券の期限が今月末だったので切れる前にと急いで使いましたが、雨降りの週末であまり暑くないのでサイズはグランデ止まり。

チュルチュルとゼリーが口の中に飛び込んでくる楽しいフラぺです。
グリコのドロリッチよりも、プルプルしてるし、キャラメルのほろ苦さが大人なドリンクですよ。


posted by チカ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 甘いもの

2014年06月15日

紫陽花とビオトープ

先月末、高校の同級生と食事をしたとき、6月にウォーキングしようと約束して、今日がその日でした。


まずは駅で受付、コースの地図を貰って、レッツらゴー!

と、その直後。
コースを外れ、アーケードに寄り道。
頂上で頂くおやつを仕入れに、蒸しパン専門店に参ります。

ここは、おやつ系の蒸しパンはもちろん、おかず系の蒸しパンもあるんですよ。
ちなみに、ハムマヨコーン蒸しパンと、ベリーとクルミの入ったココア蒸しパンをお買い上げしました。

さぁ、目指すは紫陽花の有名な山。
山とはいえ、標高は124メートル。
チョロいもんですよ!
なんて大口叩くのは、登り初めて1分くらいまで。。。
思いっきり急坂に、普段デスクワークの私はネを上げて、休み休みのノンビリモード。
スイスイ登っていく人生の先輩方に笑われながら、、、。

でもって、ようやく山頂に着いたら、まずは、蒸しパンを頬張ってお口と胃袋にご褒美をあげなくちゃね。


ちょっと見頃を過ぎちゃったけど、まだまだキレイな紫陽花の花をバックに、はいチーズ。

降りるのはあっという間で、それでも下りだからと調子に乗らずに慎重にね。

火野葦平という地元の作家さんの自宅がそのまま記念館になっています。


その後は、駅まで戻ってゴールのスタンプを貰っておしまい、、、とは参りません。

ここからは、駅まで車で来ていた友達がオススメのビオトープに行きました。


工業団地のど真ん中に突如現れる自然風景、実は30年前まで廃棄処分場だった場所なのです。
それが、人間の手を加えずに時間と自然そのものがこんな景色を作ってくれたんです。
なんと、日本一の規模なんだそうです。

受付で入場パスと双眼鏡を貸してもらって、しばらくプラプラと。
この季節は野鳥が少なくて、ヒンヒンヒンと鳴きながら飛び上がるセッカ、葦の繁みでギョキョシと鳴くオオヨシキリくらい。
しかも、双眼鏡では確認できないくらいすばしっこかったり、草むらの中に隠れてて姿を見せてくれませんでした。

センターに戻ると、お話好きな解説のおじさんが、私ともう一人を掴まえて色んなことを教えてくれました。
この間、残りはベンチで爆睡(笑)。

地元の学校やボランティアの方が調査を重ね、色んな絶滅危惧種が生息していることが分かってきたそうです。
どうして、何もないというより処分場だった所に命が宿るようになったかなどのお話をずっとしていただけました。
おじさんが別のお客さんの質問に答えている間に、そっと離れてお疲れちゃんの二人をつれて帰りました。

帰ってから歩数計を確認すると、1万9千歩!
明日、動けるのかしら?
posted by チカ at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歩いてます

ありのままで

毎週、朝の情報番組で発表される映画のランキングの上位にランクし続けるアナ雪。
ずっと気になっていて、YouTubeで博多弁バージョンとか観たりしてました。

土曜日、私は会社の定例会議のため外出し、終わる頃に金曜から私んちに来ている母に電話して駅前で待ち合わせ。

まずは、母が初めてのうどん屋さんで、ごぼう天うどんを頂きます。
このお店はとにかく大盛りで、かつ、ごぼう天が太いのが特長です。
母は女性にはちょうどいいミニサイズのごぼう天うどん。
会議の後に健康診断だったので、お腹ペコペコな私はミニ肉うどんにごぼう天を2つ追加。

このボリューム感、伝わるかしら?
早く食べないと、麺がダシを吸って少なくなりますが、店員さんが注ぎ足してくれます。

お腹一杯になったところで、映画館へ向かいます。
ちょうど3D版があるので、母に初体験させました。
既に2ヶ月以上やってるのに、半分くらい席が埋まってました。

初の3D具合はバッチリだったようで、本編の前のミッキーの映画でワーとかオーとか反応してました。
本編も充分に堪能して、ご満悦な母。
最後にプリクラまで撮っちゃったり。


次は、何観ようかな?
posted by チカ at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月14日

三回忌

二年前の昨日、ポールが旅立ちました。

本当にあっという間に時間が過ぎました。
でも、ようやく現実として受け止められるようになってきました。

毎日を忙しく過ごすことで、じめじめせずにいられたこと、周りの方々に助けられたこと、感謝です。

そんな夕べは、仕事帰りに合わせて母が来てくれました。
ただ、今日は会社の健康診断なので、ご馳走が食べられませんでした。
今夜は、ポールを偲びながら、一杯飲みたいわ。
posted by チカ at 05:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月11日

福岡オフ

先週末、いつもの三人娘で、初の福岡オフをしました。
ぷりんちゃんにとって、人生初の福岡を満喫してもらうため、徹底リサーチ!と、言いたいところですが、何しろ博多は県民の私ですらアウェイなのです。
とりあえず、晩御飯のお店だけ予約をして、あとは、流れのままに。。。

まず、金曜の昼に、ぷりんちゃんとみけちゃんが福岡入り。
私は通常運転で仕事中です。
お二人があるアーティストのライブで熱狂の間に、ホテルに向かいます。


ここは、実はお二人にも話してなかったこと。。。
このホテルは、泊まったことはないものの、何度か立ち寄った場所です。
迷うなんて心配は無かったはず。
なのに、、、思いっきり間違えてしまったのです。
大きな商業施設の中にあるのですが、まさかもう一軒ホテルがあるとは露知らず。
「ホテル」という表示を見つけて猪突猛進した先のフロントで、名前を告げるも首をかしげるスタッフ。
同じ部屋のぷりんちゃんが先にチェックインしてるのに。
おかしいなぁ・・・。
それにしても、背後の窓から見える景色、全然見覚えないのよねぇ。
「ここ、○○ホテルですよね??」(←この質問自体おかしいよね・・・)
「いえ、△△ホテルです。○○ホテルでしたら向かい側の建物でございます。」
ひえ〜〜〜!やってもた。
そそくさと退散して、本来のホテルのフロントでは、落ち着いた雰囲気のフロントで丁寧にお出迎えしていただけました。
ふぅよかった〜〜。


しばらくして、興奮覚めやらぬ二人との合流。
久しぶり〜!元気だった?
さぁ、眠らない街 中洲での焼き鳥ですよ〜。
DSC_0100.JPG
県民ショーでも紹介されるほど、福岡の焼き鳥は他県民が知らない常識で溢れてます。
詳しくはコチラ
http://jafevent.jp/event_info/area_info/index.php?From=detail&contribution_id=28547
まずは、お通しとして運ばれてくるキャベツの山。
少し酸味のあるタレが掛かっていて、串が焼けるまでのおつまみになります。
その後、焼けた串を、そのままオンザキャベツ!

福岡の焼き鳥の定番の豚バラですが、今までの人生で食べたなかでも一番美味しかったなぁ。
もちろん、豚と一緒に刺さるは玉ねぎ。
これにもビックリしていたぷりんちゃん。

前々から、もつ鍋も食べたいと聞いてたけど、スケジュール的にもつ鍋屋さんに行くのは厳しいと思ってたんです。
でもさ、よく考えたら、焼き鳥屋さんで、もつ鍋食べれば一石二鳥じゃない?

すまし系のダシに、プリプリのモツ。
臭みが無く、むしろ甘いモツを、ぷりんちゃんったら、一口ごとに感激しながら食べてました。
というのも、ぷりんちゃんの地元では、こんな甘いホルモンが売ってないそうで。
福岡なら専門店じゃなくても、家庭でスーパーの精肉コーナーで買ってきて、普通に食べられるもんだから、そんな姿を見ても、不思議で仕方なかったのです。
県民ショーで、「ここだけですよ」と言われた県民が驚いてる、まさにあれをやってたわけですね。
シメはもちろん、チャンポン麺でしょ。
(チャンポンも、こちらではスーパーで普通に麺とスープを買ってきて、冷蔵庫の中身を適当に入れて作るのですよ。)
ふぅ、美味しかった!お腹いっぱい〜。

お店を出て歩いていたら、眠らない中洲の飲み屋さんに吸い込まれそうになっちゃうわ。
明日のことを考えなければ、まだまだ飲みたいけれど、、、。
お名残おしゅうございますが。


ホテルに着いたら、一汗流して、豪華なふわふわバスローブに身を包み、だめ押しのビールで乾杯。
ビールが冷えてないから、氷でもとバスローブのままで取りに行こうと言い出すものだから、そっと引き留めて。
すっかりアゲアゲでバスローブ姿を写真撮影なんてしちゃったり。
早く寝ないと、明日も早いわよ。と、無理やりおやすみなさい。
心地よい疲れとアルコールのお陰で、あっという間に夢の中へ、、、。
でも、よほど気になっていたのかしら。
夢の中で、バスローブのまま外を歩いていて、ホテルの方に引き止められてましたよ(汗)。


二日目、朝は普段通りのアラームで目を覚ますと、さすがぷりんちゃんはすでに朝風呂上がりでした。
別室のみけちゃんとの約束の時間までに、もう少しあるので、私も朝風呂を頂きました。
贅沢な造りのバスルーム。
テレビも観られるのですよ。
大きな湯船にたっぷりとお湯を張って、ザブンと浸かれば、殿様気分。

朝ごはんは、このホテルのレストランで、モーニングビュッフェ。
ずらりと和洋さまざまなご馳走が並んでます。
いやん、ついたくさん取りすぎちゃう。

ここでは、卵料理専属のシェフがいて、みんなオムレツ作ってもらってます。
二人は並んだけどせっかちな私は焼けていた目玉焼きをゲット。
でも、結局後から欲しくなって焼いてもらっちゃった。てへ。
えっと、、、何度お料理を取りに行ったかしら?


お腹をさすりながら、向かうは福岡タワーです。
バスターミナルまでの道のりを、健脚な私たちは歩く歩く!
(ここで余談。小雨が降ってたのに、私の折り畳み傘が壊れてて最後まで開けず、やむ無くこの後廃棄処分の道へ。)

実は福岡、何でも揃っているようでいて、この景色を是非とも見てほしいってとこが少ない。
博多を拠点に、レトロ門司や柳川など、県内には風光明媚なところは多いのですが、博多にはねぇ。
タワーはある意味、唯一の観光名所なのです。
DSC_0120.JPG
タワーでは、あいにくの天候で、絶景をお届け出来なかったのだけど、まぁ、高いところマニア(?)の私たちはたっぷり堪能いたしました。
久しぶりにプリクラにチャレンジ!
だけど、タワーの背景を見事に無視した構図で撮っちゃって、制限時間内に選んだり落書きするのも、ワーワー言いながらタイムアップ。カンカンカーン。
それも、ご愛嬌だよね。


タワーやホテルの近くのお土産屋さんでは、福岡ならではのスイーツやラーメンをおススメしました。
笑っちゃったのが、お土産屋さんの向かいのコンビニで九州しょうゆ味のポテチを買ったこと。
だって、向こうじゃ売ってないんだもんって、確かに。

後、方言がプリントされたグッズもお買い上げ。
博多弁って、ぷりんちゃんの娘ちゃんもお気に入りらしいのですよ。
ちなみに私は北九州弁なので、ちょいと違うんですがね。
「好いとうよ。」「うまか!」などは使いません。
語尾も違って、かなり荒い印象の言葉です。
もちろん、博多弁が通じないということはありません。


さて、ここからは、ぷりんちゃんのSNS友さんとの初ご対面に立ち会います。
ちゃっかり私たちもお邪魔しての合同オフです。

と、その前に、少しの合間を縫って、もう一つの福岡グルメを食べに行きます。
それは、うどん。
え?福岡ってラーメンでしょ?と思われた方、それは間違ってはいませんが、私たちはラーメンよりはうどんをよく食べます。
そしてメニューは当然、ごぼ天うどんなのです。
ゴボウの天ぷらをうどんに入れるのって、西日本でも広島くらいまでらしいです。
これもお店に行かずとも家庭でごぼ天を揚げたり、スーパーで買ったりして食べます。
ま、普通はお気に入りのうどん屋さんで食べますけどね。

さらに、福岡のうどんの最大の特徴である「コシのなさ」。
讃岐などのコシなんて、私たちには必要ありません。
唇で噛みきれるフワフワの麺が良いのです。
そんなコシのないうどんなんて、信じられない!と言っていたみけちゃんも、喜んで食べてましたね。
たまたま入ったお店なのに、ここはおダシがとっても美味しくて、全部飲み干してしまいましたよ。
http://www.shintencho.or.jp/meitenmeguri/goroudon/
ぷりんちゃんのうどんには、おネギのハートが!
DSC_0142.JPG

さぁ、いよいよのご対面会場へ移動すること三十秒。
うどん屋の数軒先のフルーツショップの上階がフルーツパーラーになっています。
http://www.shintencho.or.jp/kissyouka/index.html
どうやら、私たちが先に着いたらしく、しばらく通された席で待つも、ちっともお冷やも出ないし、注文にも来ない。
ちょうど店員さんがいたので聞いてみると、お冷やはセルフサービス、注文は階下で受けているとのこと。
なぁんだ、と、私とぷりんちゃんでレジに向かって、戻ってきてみたら、あれ?さっきすれ違ったお二人がお友達さん?

パッと見た目で、私と気が合いそうな明るい雰囲気の方々でした。
何しろ、ぷりんちゃんも初めてのご対面なので、まずは自己紹介から。
年齢や職業、出身やお住まい、家族構成など、もう何から話したら良いのやら?
私たちが初めて出会ったときは、ロバの世界である程度長い時間のお付き合いがあったので、会った瞬間に弾丸トークでしたが、このお二人ともそれは変わらず、いきなりワイワイと盛り上がりまくりでした。
もうね、今後ぷりんちゃん抜きで会っちゃうかも?ってくらい仲良しになりました。
それでも、ぷりんちゃんの飛行機の時間だけ気にしつつ、、、。

とうとう、空港に向かう時間になり、楽しかったオフもお開きとなりました。
ぷりんちゃんを軸に三人ずつの写真と、5人での写真を撮って、バイバイしました。
一階に降りるとき、軽く後頭部が痛かったのは、いつもの弾丸トークの後遺症の酸欠状態。
どんだけはしゃいでたんだかね。


家に着いて早速、母に電話の開口一番。
「あぁ!もう!楽しすぎて、どうかなりそう♪」

改めて、落ち着いてスマホの写真をチェックすると、写真の少なさに驚愕。
自分が楽しむばっかりで、全然撮影してないやーん!
(かなり反省)

とにもかくにも、みんなとこうして再会、初めまして出来て、とっても嬉しかったよ。
本当にありがとう、また会おうね!
posted by チカ at 00:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。