2011年07月31日

少しずつ近況を

今月の初めは、義姪の披露宴(とはいっても親族の食事会なんですがね)がありました。
このところ、パンの話題をきっかけに、義姪とはよく喋るようになり、ハワイ旅行のおみやげをもらったり、私からもパンをお裾分けしたりと、少しは関係修復できてきたものの、義姉1が参加する披露宴には、やはり出席するのに気が重くなっていました。

そして、披露宴が今週末とせまった火曜日になって、実母がお世話になっているホームヘルパーの施設のケアマネさんから仕事中に電話があり、突然ろれつが回らなくなり、手の痺れがあるので、救急に行きました、とのこと。
自覚するのも早く、救急車を呼ぶことも無く、自分でタクシーに乗って行ったそうですが、やはり心配で早退させていただき、病院へ駆けつけると、診察室から出てきた母と遭遇しました。
母は、私にまだ連絡していないのに来たものだから、それは驚いていました。

結果としては、MRIなどでも異常は無かったのですが、病院に来たばかりのときは、脳の血管が詰まっているような症状は見られたそうで、入院の必要は無いけれど、充分用心するようにと、血をサラサラにする薬をもらって帰りました。

姑たちに対しては、母は入院して土曜日に退院することになり、土日は実家に泊まることになったことにして、義姪の披露宴に行かなくても済むようにポールが立ち回ってくれました。
お陰で、披露宴には出なくて済んだし、心配だった母の傍にずっといてあげられました。
幸い、母の体調も、あれ以来は症状も出ていないようです。


posted by チカ at 21:37 | Comment(3) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2011年06月12日

ハワイ土産

110612_132818.jpg
今月初めにハワイで挙式をした義姪ちゃんが、挙式後そのままハワイでの新婚旅行も終えて帰ってきまして、今日はお土産を持って、義姉2と共にやってきました。
ポールにはアロハシャツを、私にはハワイアンぽい柄の保冷バッグ(お弁当袋サイズ)と、マカダミアナッツをいただきました。
はい、どうもでした。

真ん中のは、今朝焼いたグリッシーニ。
こないだ立ち寄ったパン屋さんで、海苔塩グリッシーニを売っていて、試食をいただいてとっても美味しかったので、真似して作ってみました。
二次発酵がいらないパンなので、義姪たちがいる間に焼き上がり、持って帰ってもらえました。
義姪の結婚式のときの食事の席で、グリッシーニが出たそうで、そういうパンも手作り出来るのだと驚いていましたよ。

今度、いただいたマカダミアナッツをクラッシュして、昨日のパンに巻き込んで焼いてみようかなぁと模索中。
posted by チカ at 15:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2011年05月09日

義姪いよいよ結婚

私が苦手とする不動のNo.2の義姪(義姉2の娘)が、今月結婚するそうで。
随分と前には決まっていたそうですが、私が聞いたのは先月末のこと。
ハワイで挙式をするそうで、姑も誘われたけど、高所恐怖症なので、行かないんですって。

先週は一人で遊びに来ていて、形だけの祝福の挨拶をしたとき、パン作りについて質問を受けました。
彼女はHBを持っていて、ウィンナーロールなど作るそうですが、焼きたての瞬間は美味しいけど、時間が経ったら固くて食べられたもんじゃないとのこと。
どこに原因があるのかは、とんと見当が付かないので、配合の問題じゃないかな?と答えておきました。

そして、昨日は義姉2と一緒に、姑を食事に連れていくためにやってきました。
戻ってくるまでに2時間以上ありそうだったので、こないだ習ったばかりの玉ねぎパンを焼きました。
ちなみにこのパン、パン教室の先生方の間で、『オニ様』と呼ばれる程の神レシピなんですよ。
いたってシンプルな生地に、玉ねぎが入るだけで、なんて美味しいの〜!と感激しちゃいます。
今回はちょっぴりアレンジで、ウィンナーを刻んでプラス。
大きなのが2つ焼けるので、1つはお持ち帰り、1つは我が家用に。

ちょうど焼き上がって粗熱が取れたところで戻ってきたので、ほんのり温かいパンを袋に詰めて渡すと、二人ともスゴーーイ!と歓声を上げてました。
我が家分のを一切れずつその場で食べてもらうと、味もさることながら、口溶けの良さに驚いていて、自分のと何が違うんだろうと首をひねってましたが、まぁ、高いレッスン料を払っている分、美味しく出来るのは当たり前かなぁ。

今度、教えてもらいに来ていいですか?とか言ってたけど、、、。ビミョーな気分。
これをきっかけに仲良くなれるなら歓迎なんだけどなぁ。
posted by チカ at 18:45 | Comment(5) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2011年04月10日

母の誕生日に

今日は、一昨日に誕生日を迎えた母のために、ちょっと奮発してご馳走を食べに出かけました。
特別、節目になる年ではなかったんだけれど、最近色々とあって凹んでいる母に、少しでも元気になって欲しくて。

ある日、会社で情報通の若い男の子に、オススメのお店を聞いているとき、美味しいお寿司屋さんがあると教えてくれました。
海沿いにあり、カウンターからは窓越しに海が一望できて、何よりお味がいいとのこと。
お寿司が大好きな母を是非連れて行こうと、早速予約の電話をしてみると、意外とスンナリできました。

男の子とは、お寿司屋さんの話を聞く前に、イチゴ狩りの話をしていて、だったらお寿司屋さんの近くの農園が有名ですよってことで、イチゴ狩りの予約もしておきました。
まず、イチゴ狩りに行って、少し時間を置いて、お寿司をいただくようにスケジュール。

今日は絶好のドライブ日和。
おっと、お出掛け前には選挙の投票も忘れずに。
7時からの投票所オープンにあわせて、姑にも無理を言って連れて行きました。
すぐに姑を家に連れ戻すと、そのまま母を迎えに行きます。

10時からのイチゴ狩りの予約時間に合わせて、余裕を持って8時過ぎに出ましたが、道は案外空いていて、9時過ぎには到着しました。
その時点で、団体客の皆さんがハウスに入っていくところでした。
ちょっと早めに着いてしまったけれど、団体さんと一緒でよければ今からいいですよとのことだったので、ご一緒させていただくことに。
DSCF3281.jpg
DSCF3280.jpg
結構、広いハウスの中では、イチゴが真っ赤に色付いて、摘まれるのを待っています。
ポールは2度目ですが、私も母も、イチゴ狩りは生まれて初めて。
30分食べ放題で1300円。しっかり元を取らなきゃ!

普段は足がヨロヨロの母なのに、まるで子供のようにはしゃいじゃって、地面近くのイチゴをひたすら摘んでは口へ。
DSCF3278.jpg
ホントに甘酸っぱくて美味しい〜〜〜♪
お土産用にも大き目のイチゴを摘みました。

当初、お寿司を食べなきゃいけないんだから、イチゴはほどほどに食べないとねって思っていたけど、一時間早めに始めたので、ガッツリ食べ放題を満喫しようと方針変換したのですが、さすがの水分、制限時間の30分を待たずにお腹いっぱい。
ハウスの中の暑さにも耐え切れなくなって、ギブアップしました。

お土産のイチゴのほかに、和菓子のお店がイチゴ大福を売っていて、試食をいただいたらとっても美味しかったので、こちらも買って帰りました。
http://blog.livedoor.jp/fbfarm/archives/51191423.html
お世話になった農園のサイトはコチラ↓
http://www.fbfarm.com/


次はお寿司屋さんに向かいますが、こちらにも時間が早過ぎたので、ちょっと寄り道。
ウェディングも出来るチャペルの他にも、パン屋さんなどがあるガーデンレストランへ。
http://www.budounoki.co.jp/
駐車場に降りたつや、小鳥のさえずりが聞こえてきて、それだけで癒されます。
通路に沿ってたくさんのお花が植えてあり、自分たちでもこれだけ出来たら良いんだけどなぁなんて考えながら奥へ進むと、パンの焼ける匂いがしてきました。
天然酵母のドッシリ目のパンと、ラスクを買いました。
お寿司屋さんの予約の時間ギリギリまで、ベンチに座り込んでお庭を愉しんで。


いよいよ、お寿司屋さんへ。
http://www.budounoki.co.jp/tenpo/susi/
さすがに人気のお店とあって、すでに駐車場には車がいっぱい。
入り口にも何人も並んでいました。でも、予約はしてない人たちみたい。
私たちは、きちんと予約をしたので、すぐに通していただけました。

予約の時、誕生日のお祝いに使いたいというと、テーブル席で懐石料理を用意できると聞いたので、そちらでお願いしていました。
てっきり、海の見えるカウンターの後ろの方のテーブルなのかと思っていたら、テーブル席用の個室があり、そこに私たち用のセッティングがしてあります。
カウンター席同様、ここからも海が一望できます。
個室は結構な広さなのに、私たち3人だけ?
後から来たお客さんが一時間待ちだと言われ、次々と帰っていく中、ちょっと申し訳ないなぁと思いつつ、ちゃんと予約しといてよかった〜。

美味しいぶどうジュースを食前酒代わりにいただきました。
DSCF3307.jpg
これは、誕生日のお祝いの席ということで、お店からのサービス。
このお店、実は先ほど訪れたレストランの系列だったんですね。
DSCF3309.jpg
DSCF3316.jpg
DSCF3317.jpg
DSCF3321.jpg
先付け、お造り、茶碗蒸し、陶板ワイン蒸し、焼き物、お寿司8貫、デザート、コーヒー。
海の幸、そして春を感じさせる食材を使ったお料理に、私たちは感動が止まりませんでした。
個室でのお給仕をしていたスタッフも、とても感じのいい方で、母は名前を伺って、次の時のためにとメモったほど。
お腹いっぱいで動きたくないくらいだったけど、車に置いてあるお土産のイチゴが気になって、早く帰らなきゃ暑さでジャムになっちゃう!

海を見ながらの帰り道。
甘いイチゴの匂いにちょっと酔い気味になりながら、今日の出来事を振り返り、母は
「長生きすれば、その分美味しいものが食べられるよね。」
ですって。
美味しいもののために(?)、これからも長生きして欲しいものです。
posted by チカ at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2010年12月12日

お墓のお引越し

今まで、年に二度のお彼岸に、佐賀までお墓参りをしてきました。
それも今年のお彼岸で終わりました。
11月に、市内にお墓を移したのです。

とはいえ、私がお墓に行くのは今日が初めて。
ずっと仕事だったり、体調が悪かったりだったもんで・・・。

私が寝込んでいた日、ポール、姑、義姉2たちで、佐賀からお骨を運んできました。
ま、寝込んでなくても仕事だったけど。
その日は、久しぶりに土砂降りに降って、寒い一日でした。
みんなの都合が付かず、結局今日まで開眼法要が出来ずにいましたが、私も何とか参加できました。
だから、今日はいい天気(笑)。

今朝の夢で、起きたら11時だったなんて縁起の悪いのを見ちゃったんですが、実際には7時前に目が覚めました。
昨日から姑も準備をしていたし、義姉2も色んな準備をしてくれてたようで、私は特に出る幕もありませんでした。

市が管理する広い広い霊園で、見晴らしもよく、とてもいい場所です。
家からも片道20分だし、これから来たいと思ったらすぐに来れるねー、なんて言ってたけど、本当にしょっちゅう来ることになるのかな?
30段くらいは階段を上がる必要がありますが、片道2時間のことを考えたら、ね。

お墓の掃除も、ほとんど必要がないくらいにキレイなので、チャチャッと終わらせていると、義姉2が義姪とともに到着。
お供え用の海のもの、山のもの、果物やお酒、紅白の鏡餅と小餅、生菓子、お赤飯などなど、色んな買い物をしてくれてました。
こういうのは、お墓をお世話してくれた石屋さんが教えてくださったそうです。
シロウトには全く分かりませんものね。

そのうち、お寺からお坊さんもお見えになり、無事に法要は終了。
その間も、石屋さんがそばにいてくださって、色んな段取りを整えてくださいました。

さて、一通り終わったので記念撮影をして、帰ろうかと思っていたら、霊園の事務所から、書類がまだ出来てないからと、ポールに事務所に寄るようにといわれました。
「書類持ってきました?」
え?うちが持ってくる書類?聞いてないよ?
車で待っている姑に聞くと、あら、姉ちゃんが持ってるのかな?
すでに帰路についている義姉2に電話すると、知らないよ!
あらま。

どんな書類でしたっけ?と聞きなおすと、佐賀のお墓から送ってきた書類とのこと。
ポールはその書類に見覚えがあったんで、あ〜!あれね!って感じでしたが、姑は???
結局、姑の記憶には無かったようで、持ってきてませんでした。
仕方ないので、一旦取りに帰ることに。
それでも、往復1時間弱なのですよ。これが佐賀への往復だったら・・・。

書類を取りに帰っている最中、姑が後部座席から、
「ちょっと、スーパーに寄ってくれる?」
え?なんで?今?
「パン買って帰りたいんだけど。」
「すぐに事務所に書類を持っていかないといけないんだよ!」
「あ、そうか。」
まぁ、書類のこと、すっかり忘れてるわ。。。呆れちゃう。
もちろん、書類が優先ですわ。

家に戻ってみると、案の定、大事にしまい込んでくれてました。
ポールと私で、その書類を持ってとんぼ返り。

我が家のお墓には、10人以上は入っていたのだけど、移すことになったのは6基。
そのうち3基は誰のお骨だか分からない状態らしく、仕方なく不明のまま。
その上に書いてある、舅の名前には訂正印が押しています。
で、訂正される前というのが、なんと!ポールの名前!
ちょ!勘弁してよ!お寺さん〜!
と思ったら、この書類を書いたのは姑なんですってよ・・・。もぉ。

書類も無事に終わりまして、家に帰ってきたのが12時前。
まぁ、なんて早いんでしょう!
これからのお墓参りは本当に楽チンになりますよ♪
posted by チカ at 20:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2010年07月10日

思い出の(非)共有

ポールが時々、昔2人で行ったお店や場所について、語り始めます。
「ほら、昔行った串揚げのお店覚えてる?」
「夜光虫を見に行ったのいつだったっけ?」

ってな具合。

そんなこと仰っても、私はそこに行った記憶が無いんです。
だからと言って、行ったことが無い!という確信も無いんです。
話を合わせる程の優しさもないので(笑)、「そうだっけ・・・?」と応えると、
「チカちゃん、また覚えてないの?」

それ、本当に私と行った場所?他の人との思い出じゃないの?と言ってみますが、
絶対に私と行ったところだって言い張ります。

さて、真相は、、、?タイムマシンが出来るまで謎のままなんでしょうね。
posted by チカ at 21:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2010年07月04日

お見合い話

私の苦手な義姪、たぶん今年で34だったような。
顔は、悔しいけど、結構な美人。
声もカワイイし、一見、女の子らしい雰囲気。
そんな彼女には、未だに結婚の話も、以前付き合っていたはずの男性の影も無くなっています。

私に見せる意地悪い裏の面を知っている私としては、付き合っている男性にあの顔を見せたら、百年の恋も醒めるわなって思うわけで。
それでも、姑からすれば、信じられない話のようで、そろそろ焦り始めているようですよ。

昨日は、姑が大正琴の練習に出掛けていたんだけど、ポールと2人で出掛けた帰りのついでに公民館に迎えに行くと、車の中で1枚の写真を見せられました。
例の義姪のための、お見合い相手が見付かったようです。
大正琴のお友達にも声を掛けていたんでしょうかね。

「チカさん、この方どう思います?」
渡されたのは、どうやらお見合い写真のつもりなんだけど、普通のサービス版のスナップ写真。
まず、この人いくつ?どう見ても私より年上だなぁと思ったら、
「35歳って書いてますよ。」
見ているのは、身上書みたいです。

思わず「ウソッ!私より年下??」と声に出てしまいました。
だって、どうみてもオデコが広過ぎるんですもの。。。

信号待ちの間にポールが写真を見て一言。
「この人、幸薄そう・・・。」
まぁね、人柄は優しそうなんだけど。。。
眉が半分しか生えてないのが、そう見えちゃうのかも?
ポールはアラフィーなのに、ガッツリ濃いもんねぇ。

義姪が今まで付き合っていた人の顔を見たわけじゃないけど、こんな雰囲気の人は、合うのかしら???
でも、しっかりとお見合いらしい席を準備しているみたいですよ。
そこへ、母親である義姉2が行くべきですが、どうやら仕事が忙し過ぎるので、代わりに姑に行って欲しいと言われたそうですが。
そんなもんですかねぇ。

どっちにしろ、本人同士が会って話をしてみないと、何とも言えませんから。
っていうか、私にとっては、『ど〜でもいいですよ〜。』(←最近、このギャグの人、見ないですね)
posted by チカ at 17:32 | Comment(5) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2010年06月12日

泊まったところは・・・

姑と義姉1の旅行、無事に(?)お天気にも恵まれて、さぞかし楽しい旅行になったと思いましたが、今回も帰って来て聞いたのは愚痴でした・・・。

先日も書いたとおり、義姉1が迎えに来なかったことで一悶着。
結局、旅行の前日に義姉1宅へポールが送り届け、解決です。

姑が行きたかったのは、コチラ
何を今更、こういう所に行きたいのかと思ったら、姑たちも宮崎から彼らの為に色んなお手伝いをしていたそうで(具体的には聞いてないけど)、そういう自分の歴史にも関係するものを一度は見てみたかったんだと。
それ以外にどんなところに行ったとかは全然聞く耳を持っていないので、聞いていませんが・・・。

ちなみに、今回はどんなところに泊まったのかと思ったら、
「夕べは、ビジネスホテルってところに泊まってですね。
 サービスが悪くって。」

な・な・なんと!ビジネスホテル???
観光ホテルじゃなくって?
私が一人で東京や大阪に遊びに行くのに、節約して泊まっちゃうビジネスホテル?
ポールも私もビックリ&呆れちゃいました。
posted by チカ at 17:57 | Comment(5) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2010年06月06日

明日から旅行ですって

姑が明日から1泊で、義姉1と鹿児島に旅行に行くそうです。

いつも、大分方面に行くので、西側に住む義姉が家に姑を迎えに来ていましたが、今回は逆方向になるために、姑に「電車に乗ってこっちに来て。」と言うのだそうです。
でも、姑は自分一人で電車に乗って義姉の家に行ったことが無く、しかも旅行の荷物があるために、それは困ると言っています。

以前も、小倉から宮崎に向かう電車に乗れないというので、私が一緒に連れて行き、電車に乗せてあげたのでした。
義姉の家に行くまでは、電車を途中で乗り換えもしないといけないし、100%姑一人では行くことは不可能なのです。

それなのに、「少しは自立しなさいよ!」と、80過ぎの母親に言い放つ義姉1。
恐ろしやぁ〜。
仕方ないので、明日の朝、ポールが昼からのシフトに変えてもらい、義姉の家まで連れて行ってあげるそうです。

すっかりご機嫌の姑。
久しぶりに写真を撮ろうとカメラを準備していましたが、操作方法を忘れてしまい、ポールに教えてもらっていました。
試し撮りをするのに、私を狙っている姑。
ちょっとちょっと!
「私を撮るなら、ジューンちゃんを撮ってあげて下さい^^;」
ったくもぉ。

この数日間、雨が降らずに暑い日が続いていましたが、明日から降るんですってよ。
嵐にだけはなりませんように・・・。
posted by チカ at 19:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2010年05月09日

今日は母の日

皆さんは、どんな母の日を過ごしましたか?
自分の母親に感謝、いやいやながら(笑)の旦那の母親に感謝・・・。
そして、お子さんがいらっしゃる方は、愛する子供たちから感謝された日でしょうね。

私たちから姑へは、近所のホームセンターでカーネーションの小さな鉢を数日前に渡しておき、今日は尿取りパッドを纏め買いしておいたのを渡しました。
実用品が一番だとは言っても、花無しでは味気ないですから。

私の母へは、昨日の藤を見に行った帰りに、地元の酒蔵で作られた梅酒を買っておいたので、それを持っていきつつ、一緒にガーデニングのお店へ行って、母の欲しい花を選びました。
当初は鉢植えを予定していたのですが、母が欲しかったのは、カラーの球根。
1つが750円もするので、こちらを2つで勘弁してもらいました(笑)。

さて、何か美味しいものでもと思ったら、母は、
「今日は、あなた達の結婚記念日でしょ。私がご馳走するよ。」
ですって!
母は、覚えていてくれたんですね。
そうなんです、今日は私たちの11年目の結婚記念日。

昨日、ポールが姑の病院から帰るときに、明日は記念日だからと姑にステーキ肉を買ってもらっていたので、尿取りパッドを渡すときに、逆におめでとうと言ってもらえてたんですけどね。ヒヒヒ。

夕方早めに回転寿司に行って、お腹いっぱいご馳走になりました。
日曜日だし、母の日ということだからか、お店は大混雑でしたよ。

ケーキもと思っていたそうですが、これ以上私を丸くしちゃいけないので、メチャ大きなイチゴを買ってくれました。
DSCF2916.JPG
今日は私からのプレゼントをと思っていたのに、母からのサプライズご馳走で、返って母にお金を使わせちゃったけど、とても楽しい一日になりました♪
posted by チカ at 20:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2010年03月20日

今日は法事でした

今日は、舅の17回忌の法事でした。
三連休の初日と土曜の高速千円が重なるので、渋滞を避けるために家を出たのは7時半。
お陰で、全く渋滞にハマることなく2時間で佐賀に到着。

まずはお墓のお掃除。
昼から雨との予報は当たってくれて、私たちが掃除をする間、ずっと曇り空。
生ぬるい風が拭く中、黙々と掃除をしていると、義姉1の旦那(以下、義兄)が登場。

義姉1夫婦は別居中。
義姉1は福岡市内、義兄は久留米市在住です。
いきさつとか、理由とか、私はイマイチ分らないんですが、やはり夫婦仲は良くないと思います。
でも、今年の新年の挨拶には一緒の席についていたり、今日の法事に来たりと、たまに2人が鉢合うことがあります。
決して、一緒に来ることはありませんが・・・。
法事に誘ったのも義姉1のはず。
今まで、来たこと無かったと思うんだけど、どうして今日来たんだろう?

義兄の両親が健在の時から別居していて、その両方とも亡くなった今、義兄は一人暮らし。
ついでに、大病を患っているのに、相変わらず一人暮らしから脱出できずにいます。
会うたびに、体が小さくなっていくような印象を受けていました。

そんな義兄、久しぶりに会ったのですが、いつもと違う印象。
何が違うんだっけ???と思っていたら、姑が
「あら、Tさん(義兄)!そのヒゲどうしたの?」
あー、そっか!ヒゲ生やしたんだ。
ヒゲのおかげで、貫禄が出て、良い感じ。

法事は11時からなのですが、義姉1+義姉1の次女+義姉2+義姉2の長女の4人と、義叔父夫婦が到着しません。
心配していると義姉2から電話があり、渋滞20kmでノロノロ運転だということで、法事には間に合わないので先に始めておいてとのこと。
(義姉2たちは私たちと同じ区内に住んでますが、夕べから義姉1の家に泊まっていて今日は4人で来ていました。)
義叔父たちも同じように渋滞にハマっているようなので、先に法事を始めることに。
30分ほどの法事の最後の方で全員集合し、無事に終わりました。
義叔父たちは約束があるので、そこでお別れし、私たちは食事に行きました。

義姉1と義兄は向かい合うようにして座って、義兄は日本酒を飲みました。
実は義兄、酒を飲むとクダを巻くので、うっとぉしぃんです。
ポールは義兄が苦手。特に酔った義兄が大嫌い。
グダグダ言い始めたところで、姑に合図して、お開きの号令を掛けてもらいました。

座敷を出る時、義姉2と義兄が喋っていました。
「今日、孫に会えると思ったんだけどねぇ。」
「随分会ってないんじゃないですか?」
「僕、会ったこと無いんだよ。」
えっ?!会ったこと無いんだ・・・。
「今日、連れてくるかと思ってて、会ったらこのヒゲで『サンタさんみたいだろ?』って触らせてあげたかったんだよ。」
そうだったんだ。その為に時間を掛けて蓄えてたんだ・・・。
「でも、今日さっぱり剃るよ。」
うわぁ、聞くに堪えない・・・。

お店に来たときと同じように、私たちの車に義兄を乗せて、駅まで送ってから帰りました。
義兄も無事に帰りついたかなぁ??
posted by チカ at 21:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2010年03月19日

果たしてその訳は?

明日は憂鬱な法事。

晩ご飯の後の片付けをしていたら、姑が傍を通りながら、
「明日は雨だそうですよ。今日と逆だったら良かったのに。」

今日はまるで秋のような真っ青な空でした。
お昼は眠くなるほどの暖かさ。
それなのに、明日は雨なんですよね。

「仕方ないですね。(微笑)」(義姉1さんが行くからですよ。)
posted by チカ at 21:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2010年01月16日

今頃ブラウン管TV

昨日、実家にいるとき、母が突然テレビに歩み寄り、バシンと叩いてました。
私が子供の頃、画面が映らなくなったテレビに向かって、叩いて映るようにしていた、アレですよ。

10年以上も昔に2万円くらいで買った、20インチのブラウン管テレビ。
ここ1ヶ月ほど、画面の真ん中に1本の筋状の光しか映らなくなる現象になるそう。

その度にバシバシ叩くのですが、一度映るようになってソファに戻るとまた1本筋に戻ったり、何度叩いても映らなかったり。
調子がいいときは、しばらく映ってくれるんだけど、何時間と持たないみたい。
くだらないバラエティの時は、諦めて本を読んだりして過ごすそうですが、どうしても見たい番組は録画しておいて、テレビの調子が良い時にみたりしていたそうなんです。

リウマチの母が、テレビを叩くとなると、かなりの痛みを伴うはず。
新しいテレビを買ってあげたいと思ったんですが、5万だ6万だってポンとは出せないわ〜。
そこで、リサイクルのお店に、行ってみました。

私の予想通り、ブラウン管の20インチが3,980円。
よっしゃ、これで良いわ〜!
と思っていたら、その隣に28インチのワイドが5,980円。
おぉ、2千円で大きいのが買えるのなら、こっちが良いじゃない?

でも、母のところでは、テレビをキャビネットに嵌め込んでいるので、20インチじゃないとムリ。
だったら、これを私たちの20インチのブラウン管と入れ替えて、それを母のところに持っていけば良いんじゃない?
名案だわ♪

しかーし、持って帰ってみると、今のままだと2階のテレビ置き場にはサイズが大きすぎて、模様替えしないと置けません。。。
悔しいけど、姑の見ている20インチのブラウン管と交換することに。
きっと、姑は大きくなったテレビに喜んでくれるだろうと思ったんですが・・・。
「これじゃ、後ろのカーテンの開け閉めがしづらいわ。」
と、文句言われちゃいました。ありゃりゃ。
それでも、2階にもすぐには置けないので、しばらく我慢してもらうことにして、とっとと20インチを実家に。

丁度、母は出掛けていました。
テレビのこと、母には話してないのですが、こっそり、入れ替えて帰りました。イヒヒ。
さっき、家に帰った母が入れ替わったテレビに気が付いて、どこから声を出してるのかってくらいの高い声で電話を掛けてきましたよ。
キレイに映るテレビに感動した!っていつの時代だよ(笑)。

その後、ポールが姑に、
「大きくなって、よく見えるやろ!」
と言うと、ニコニコしながら
「うん、よく見えるわ。」
と言ってたそうですよ。
こりゃ、2階の20インチとの交換はしてもらえないかなぁ。
posted by チカ at 21:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2010年01月11日

何を思ったか

随分前から、私がブログをやっているのを、興味深げにしていたポール。
やってみたいとは言い続けていたものの、なかなか実行には移していませんでした。

ところが、昨日の夜、急に
「ブログってどうやってすればいいの?」
「チカちゃんは、どこでブログやってんの?」

なんて言い出しちゃって。

正直、Seesaaって初心者向けって感じじゃないし、ブロガー同士のコミュニケーションも余り出来ないので、お勧めしません。
テンプレートも、あんまりバリエーション無いしね。
でも、今更お引越しするのも面倒だし、ずっと疎遠になっていた人が、昔のメールを引っ張り出して飛んできてくれたりというのもあるので、動く気はサラサラ無いんです。

それに、私のPCを使って、作業するとかもありえなくもないので、私が使っていない、別のブログサイトを紹介しました。
そこでは、記事に対して、拍手を送ったり、カウンターも標準装備してるので、コミュニケーション的にも良いかなぁって。

で、早速、ユーザー登録から始まって、最初の記事を書いて、アップしてましたよ。
ポールは、私のブログを見ないように(探さないように)しているみたいですが、私はポールのブログの校正担当になっているので(笑)、間違った言葉や、文体のチェックなど、端から端まで読まなくちゃいけないみたい。

さて、いつまで続くか。
生暖か〜く見守る日々が始まります。
posted by チカ at 21:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2009年10月11日

姑は喜んでいた、だが、、。

金土曜の姑・義姉1&2の旅行。
今までいつも、帰ってきた姑の感想は今一つでした。

土曜日、姑たちが帰ってきた時、私は2階でお昼寝をしていて、ポールが3人を出迎えた格好でした。
その時、義姉2はプリプリ怒っていたそうです。
「せっかく連れて行ってあげたのに!!」
今回の旅行のお金は、どうやら義姉2が全て出したようです。
確か、その前は義姉1の旦那が出したんだっけかな。

「また、母ちゃんが気に入らないことがあって、文句言っていたのかな?」
とポールは思ったそうですが、実は、文句たれていたのは義姉1らしいんです。
その証拠に、姑はポールにニコニコと土産話をしていたくらいですから。

結局、何が義姉1のお気に召さなかったのかは謎です。
何しろ、私には義姉たちに対する愚痴などは言いませんし、ポールも特別聞き出そうとしないし。

私の勝手な推測としては、、、。
義姉1が選んだ宿の時は、姑が気に入らなかったのに、義姉2の時は喜んでいたのが気に入らなかったのか?(笑)
それとも、肉食系(単純な意味で)の義姉1の好む食事内容じゃなかったとか?(笑)
嵐を呼ぶ女としては、ありえない程に良い天気で、まぶし過ぎたとか?(爆)
posted by チカ at 21:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2009年10月08日

明日になったそうです。

台風、本日は北九州に留まっております(笑)。
今日から出掛けると思っていたら、明日からになったそうです。
で、今夜はこちらに泊まって、明日の朝早くに出るらしいです。

夕方、その話をポールからのメールで知ったので、今夜はいつもより遅くまで仕事を頑張ってしまいました。
逆に、明日は早く帰るぞ〜!

それにしても、冷え込んでます。
会社でも電車でも、咳やクシャミをする人が多いです。
皆様も、お気を付けくださいね。
posted by チカ at 22:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2009年10月07日

大型台風

昨日は、姑の誕生日でした。
今週からまた、忙しさのピークが来ていたんですが、さすがに早めに帰り、ケーキを買って帰りました。

数日前、
「8日は、義姉1ちゃんと義姉2ちゃんが、誕生日プレゼントに旅行に連れて行ってくれるんです。」
嬉しそうに話す姑。

ですが、ちょうど7〜8日に掛けて、日本を縦断するような大きな台風が来ると言うではありませんか。
ポールに、どうなるだろうかと訴えていましたが、そうねぇ、困ったねぇ、といつものように、スカしていましたが、やっぱり可哀想ですね。

大きな台風が近づいているのは、絶対に義姉1のせいです。
こうなると、義姉1の嵐を呼ぶ率の高さに、恐れを感じます。
posted by チカ at 05:35 | Comment(5) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2009年09月10日

今朝は姑から

最近の平日は、6時には家を出て、10時前に帰ってきて、ずっと姑に会わずにいました。
休みも、ほとんど姑の顔を見ていませんでした。

ところが、今朝は早起きだった姑に、挨拶すると、あっ!と向き直り、
「お誕生日おめでとうございます。」
ですって。

なんか変な感じ。
もしかして、それを伝える為に、早起きしたんじゃないだろうけど。
posted by チカ at 06:38 | Comment(6) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2009年08月24日

豚もおだてりゃ

夕べ、ポールが、オレンジピールのパンを、
「このパン、母ちゃんが2つくらい欲しいって。」
と言うので、そんなにお気に召したのならと、あげました。

今日帰ってからポールに話を聞いたところ、姑は今日デイの日で、そのパンを持って行ったそうです。
(ホントはね、食べ物とか持ってっちゃダメなんですけど)
で、いつもの仲良し組にお裾分けしたそうで、皆様にご好評いただいたらしいです。

もうね、普段私のこと、どんな言われ方してるんだろうって思うんですが、こんな風に褒めてくれたら木どころか、天まで昇っちゃいますね。

姑くらいの世代の人って、あまりパンって食べないのかなぁって勝手に決め込んでたんですけど、意外と好きな人が多いみたいです。
さすがにフランスパンみたいなハードなのは歯やアゴが受け付けないと思うけど、フワフワなのは良いみたい。
今度は、もう少し小さく分割して、1人1つずつになるように焼いて、持って行ってもらおうかと思ってます。
posted by チカ at 23:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

2009年07月27日

子供の嘘みたいに

ご心配掛けましたが、我が家は大丈夫です。とりあえず。
まだ、梅雨明けは先のようで、まだ油断できないのです。
今週末の雨が、どうなるか。

昨日、今日と、お昼にパンを焼いていました。
その間、姑がウロウロしているので、適当にあしらっていたんですが、どうやら、裏の山が崩れていないか、ずっと気にしていたようです。

今日は、雨も上がったので、警報や注意報も解除されていましたが、まだ崖崩れなどの心配はあるので、安易に様子を見に行ったりしないようにと、テレビでも訴えていましたが、そんなのに聞く耳を持たない姑は案の定、見に行ってました。
その後、ご丁寧に私に「裏山は大丈夫でした。」と報告まで。

ポールが帰ってから早速、姑が裏に行っていたのを告げ口。
もぉ、って顔して、姑のところへ行き、
「母ちゃん、まさか裏に行ったりしてないやろうね!?」
と、カマを掛けるも、もちろん、姑は
「行ってないよ。」
「本当ね?」
「うん、行ってない。」

ポール曰く、「目が泳いでた。」そうです。
posted by チカ at 23:24 | Comment(6) | TrackBack(0) | 家族(義含む)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。