2016年08月13日

バーベキューにて

地震の後、更新していませんでしたね。
相変わらず、ズボラですみません。

あれから4ヶ月、ほとんど余震も無くなり、何もなかったかのように日常を送っています。

7月には、下関の職場のチームでバーベキューをしました。
去年もあったのですが、その時にとっても楽しかったので、私の方からリーダーに、「今年もしましょうよ!」と声を掛けたくらい。
去年とは参加者が若干入れ替わり、若い女性も増えました。

去年は、野菜などの下準備をリーダーの奥様(同じ職場)が全部してくださっていたので、せめて私はパンでもと前の晩に焼きました。
20160813175606918.jpg
同じパン生地で、一方はいつもの玉ねぎ、もう一方は冷凍の剥き枝豆と粉チーズ。奥の玉ねぎは量を入れすぎてまとまりが悪くなってしまいましたが、切ったらバレませんわ。

当日、バーベキュー会場に着いたとき、既に皆さんお揃いで、肉は私たちが着くのを待っていたものの、既にビールが開いてたり。
そこで、私がパンを出すと、買って持ってきたと思われたのですが、私が焼いたと言うと皆さんビックリ!
「これ売ってたら普通に買いますよ。」と言ってくださる方もいて、右腕の痛みも吹っ飛びました。

魚釣りが趣味の料理が得意な男性は、鯖を捌いたり、サザエのつぼ焼きを作ってくれたり、また他の男性は焼き職人になって、ずっとお肉を焼いてくれたり、焼きマシュマロまで。
20160813181027133.jpg
お天気も良くて、とっても楽しい休日になりました。


posted by チカ at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2016年03月27日

蕾だけの花見

昨日は会社の花見でした。
毎年、近所の会社さんとの合同で、ご家族も参加するので50人以上の大宴会です。
天気予報はかなり寒くなるとありましたが、ぽかぽか陽気でした。

先日、開花宣言したばかりで、ほとんど蕾のまま。
まぁ、青空の下で食べて飲むだけで、楽しいってもんですよ。

金曜の夜、後輩とご飯を食べたとき、
「以前の花見では、パンを焼いて差し入れたのよ。」
と言うと、
「パン食べたいです!」
と強いリクエストを受けたので、土曜の朝には珍しく早起きしてパンを焼きました。

とはいえ、家でパンを焼くのは、ポールが亡くなって以来。
パンの道具は持ってきてるし、材料も少し前に買いそろえてはいましたが、結局行動には移していませんでした。
そこには、「食べたい」と言ってくれる人がいるという力なのかもしれません。

久しぶりに粉を捏ねると、久しぶりに乗る自転車のように、体が自然と覚えているもので、昔と同じくらいの時間で出来ました。

20160327105252036.jpg
今回のは、以前通っていた教室のポイント期限が切れる前にマーケットで買ったおいたもの。
抹茶入りの生地に、白餡を巻き込んでおります。

もうひとつは、玉ねぎ入りのパン。
正式名はオニオンブレッドですが、先生が呼んでいた「オニ様」が気に入ってます。
オニ様のレシピでは300グラムの小麦粉ですが、今回は半分の量で焼きました。
12時からの開始にギリギリ直前に焼き上がり、写真は撮っていません。

2つのパンを持って会場に着くと、みんな大喜びで迎えてくれました。
着々と無くなっていくのを見た先輩が、こっそり包んでお持ち帰り用にしてました。
posted by チカ at 11:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2014年01月18日

パーティ気分で


久しぶりの料理レッスンは、おもてなしレシピ。

ポルチーニ茸の手打ちパスタ、ホタテのカルパッチョ、イカのフリット、イチゴのプリン。

イカを捌くのは初めて。
とっても大きなイカで、スーパーでは見ないサイズです。
エンペラを外すのも、内臓を抜くのも、皮を剥ぐのも一苦労。
5人で共同作業なので、途中から他の人に代わってもらって無事に完了しました。

手打ちパスタは、以前やったんですが、パスタマシンを使ってました。
今回は、5等分して一人ずつ麺棒を使って薄く延ばします。
1人分はかなり少なく、あっという間に延ばせました。

私、ポルチーニ茸って、初めての出会いでした。
良い匂いのキノコで、作ってる間からずっと鼻をくすぐってまして、クリーム系のソースと合わさると、それはそれは美味でございました♪
イカもボリュームたっぷりで、お腹パンパン。
美味しかった〜!

後は、料理1回と、パンを1回で契約中のレッスンは終わります。
案の定、担任の先生から次の勧誘がありました。

この家に越してきてから、まだ一度もパンを捏ねていません。
正直、パン作りのモチベーションはゼロです。
この先、どうしようか、、、。悩んでます。
posted by チカ at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2013年06月01日

パンと料理

今日は、2つのレッスンをハシゴしてきました。

まずは朝イチにパンのレッスンから。

ドイツ発祥のパン。
重曹を入れたお湯で茹でた後に焼くため、こういう色に焼き上がるんですよ。

本来は、苛性ソーダを溶かしたお湯らしいのですが、何しろ劇薬なのでね、お教室では無理ですよ。

茹でたパンといえば、ベーグルと似てますが、焼く前にケシの実や岩塩を振りかけたり、クープナイフで切り込みを入れたり、バタバタでした。

ちょっと休憩したら、今度は料理。
今まで、簡単メニューで短時間のレッスンでしたが、今日のメニューは2時間弱。
エビのクリームパスタ、オムレツ、コロッケ、シーザーサラダ、パンナコッタの4品。

ベテラン2人に助けられて、ちゃっちゃと出来上がり。
作業は分担するので、自分以外のところはポイントが聞けないのが、イマイチなシステムなんだよなぁ。

めっちゃお腹いっぱい。

その足で、実家へ。
実母に食べてもらえました。
やっぱり、重曹の風味が伝わったみたいだけど、モッチリして美味しいって!
良かった〜!
posted by チカ at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2013年05月26日

マドレーヌ

今日は、夕方からパン教室に行ってきました。
とはいえ、今回は無料のレッスンです。

生徒限定で、マドレーヌを作りつつ、先生からのセールストークが炸裂するという、タダより高いものは無いってシロモノ。

計量は全て先生が済ませてるし、二人一組で、私が組んだのは若いけどケーキコースのベテランちゃん。
更に、材料をクルクルかき混ぜるだけの簡単レシピなので、ひたすらトークタイムなのです。

私は、月に1回ペースで通っているから、いくら勧められても契約が増えたりしないので、正直、おいしい客では無いんだろうけどね(汗)。
後一人、入会したばかりのお嬢さんにトークの矛先が向いていたので、今回はヘビー会員さんに混じって、ベテラン顔してました。


一組4個作って2個ずつお持ち帰り。
ちょっと黒っぽいのは、生地に紅茶が混ぜ込んでいるから。

焼き菓子は、次の日の方が美味しいらしいので、つまみ食いせず、まっすぐポールにお供え。
明日の朝、頂いちゃうつもりです。
posted by チカ at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2013年05月19日

ライ麦パン

今日のパンレッスンは、ライ麦入りのお食事パンと、発酵中に作るドライフルーツのコンポートです。
DSC_0500.jpg
上級のパンって、作り方が難しいものはもちろん、材料も手に入れにくいものが多いです。
今回は、ドライイーストがオーガニックのものだったり、ライ麦パンによく使われるサワー種というものを使いました。
この辺りのスーパーでは当然売ってないので、通販で入手するしかありません。
しかも、値段が高い・・・。
パン教室で習ったからには、おうちで復習したいものですが、そのままのレシピで復習する人はどれくらいいるのかしら?

とはいえ、作ったものは美味しくいただきますょ。
ライ麦パンって、酸味が特徴と思う方もいらっしゃるようで、私自身もそう思っていたのですが、実は、ライ麦自身は酸味は無いそうで、前述のサワー種がちょっとクセのある酸味がパンの味に影響しているそうなのです。
DSC_0501.jpg
ということで、ドライフルーツのコンポートを載せて頂くと、酸味が消えて美味しく頂けるんですよね〜。
あとは、ドイツゆかりのパンなので、お肉料理、たとえばハムやソーセージなどが合うそうです。

先生は、まず何も付けずに食べてみて!ってことだったので、その通りプレーンな味を食べてみたところ、
あら、イケるんじゃない?私、こういう味好きよ!
思った以上にフワンフワンした生地です。
もちろん、コンポート載せも、なかなかですぅ〜♪
posted by チカ at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2013年04月30日

もっちり食パン


昨日は、パン教室でした。

あれ?また食パン?と思われた方は、鋭い!
食パンは、以前の授業でも習ったし、復習チケットを使ってリベンジまでしている、私にとって強敵なメニューなんです。

ただ、今回の食パンは、湯種(ゆだね)というものを使った、上級者向けのパンなんですよ。
普段の生地を作る前に、湯種を作っておき、後で一緒に混ぜます。

もし、パン屋さんで見掛けたら、「あら、高いのね!」と思っていいお値段だと思います。
ただ、これを使うと、生地がもちもちの食感になり、いつまでもパサつかずしっとりしたパンになるんですって。
つまり、その値段を払ってでも価値のある上等なパンなんですね。

しかもこのレシピ、上級者向けらしく、天然酵母だし、国産小麦粉だし、原価はかなり高めなんですよ。
基礎クラスは250グラムだった粉も300グラムで一気にボリューミィ。
捏ねるのも大変でした。

だけど、朝ごパンとしていただいたら、まぁ何て美味しいの〜!と、一人で感動しちゃいました。
のこりは冷凍しなくちゃ。
posted by チカ at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2013年02月17日

クロワッサン&チョコクロ


今日は、朝10時からクロワッサンのレッスンでした。
6個のうち、3個にはチョコを巻き込んで。
焼き上がりまで、4時間の長丁場でしたが、そのほとんどが冷蔵庫で休ませるために費やされました。

イーストも、オーガニックのノンビリ屋さんを使ったので、50分程の待ち時間は、一旦解散となりました。
ここは、デパートの中なので、デパ地下で買い物しちゃったりして。

そして、夕方からはお料理教室。

中華の定番、回鍋肉とエビチリ♪

私、回鍋肉が中華の中でも大好物なんです。
こないだも、急に食べたくなって、クックドゥで作ったんだけど、あれって3〜4人前あるから、結局何日にも食べ続けなくちゃいけないんですよね。
今日はもちろん、甜麺醤などの調味料を合わせて作るんで、食べたい時に食べたい分だけ作れますね。

ザーサイのスープ、中華オムレツと合わせて、ボリューム満点、大満足!
ごちそうさまでした。
posted by チカ at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2011年10月30日

かぼちゃパン

111030_174042.jpg

明日はハロウィンということで、かぼちゃを練りこんだ生地でクリームパンを作りました。
中のクリームは、ノーマルなカスタードですけどね(汗)。
奥のは、いつもの折込シートを使ったパンですが、こちらも生地にはかぼちゃを練りこんだものを使っています。
かぼちゃの種をあしらうと、かなりのオメカシ。
ちなみに、今はかぼちゃ餡を包んだアンパンも焼成中ですよ。

さて、お仕事の方は、いよいよ残り1週間で現地入りという段階に入りました。
3日は休みで、4日はコンピュータを発送してしまうので、正味3日しかありません。
でも、まだ出来ていないプログラムがあったりで、ぶっちゃけ本当にこの状況で現地に行って良いものか???

とりあえず2ヶ月以上3ヶ月未満というちょいと長めの出張になるため、ホテルではなく「夢中で頑張る」アパートに入居することになっています。
キッチンも付いているので、なるべく自炊しようと調理道具や調味料など、また掃除も自分でするので掃除道具一式を荷造りしています。

衣服を含まず、すでに段ボール5箱。
周りのみんなからは引越し?なんて冷やかされているけど、向こうで揃えるのも面倒だし、一切の不自由は感じたくないし。

大体からして、私の唯一であり最大の趣味のパン焼きを我慢するだけでも、かなりの不満なんですからね。
一応、フライパンで焼くレシピもあるので、時間があればチャレンジしちゃおうと思ってます。

次の更新は、現地からになってしまうかも?
posted by チカ at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2011年10月08日

ミートピザ

ちょっと、ご無沙汰してました。
パソコンの調子が悪くなってから、なかなかメンテナンスが出来なかったのと、仕事終わりでパソコンに向かうことが難しかったので、写真だけアップして放置してしまいました。

いつも、見てくださっている方には、ご心配ばかりお掛けして申し訳ありませんが、結構ピンシャン頑張っておりますので、どうぞ、見守っていただければ幸いです。

さて、こちらは今月のレッスンで作ったパンです。
111008_122139.jpg
中身は市販のミートソースに、角切りチーズを混ぜ込んだものを包んでいます。
天気が良かったので、焼き立てを持って公園へ。

111008_130834.jpg
200gの粉で3つなので、1つは結構な大きさ。
だけど、美味しかったので二人であっという間にペロリ。

具材を変えれば、色んなお惣菜パンにもおやつパンにもなりそう。
最近は、おうちパンを作ってないから、この週末こそは頑張っちゃおうかな。
posted by チカ at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2011年09月11日

あんぱん2種類

110910_202701.jpg
昨日の夜は、あんぱんのレッスンを受けてきました。

マスターコースの12種類のメニューの中で、一番簡単だと先生はおっしゃっていましたが、成形など、やはりそれなりのコツが満載。

桜の塩漬けを載せた粒あんの方は、桜を載せる穴を作るのに、せっかく真ん丸に成形したのを指でムギュ〜と押しつぶすんですね。
何だか可哀想な気がするんですが、そこは躊躇なしでやらないと、逆に桜が焦げてしまうから仕方ありません。

緑の方は、抹茶あんです。
白あんに、抹茶パウダーを混ぜ込むのが、楽しかったです。
こちらにはケシの実を散らして。

かなりしっかり目に焼きこんで、ちょっと焦げっぽく見えますが、これで正解なんです。
パン屋さんのあんぱんも、割とこんな濃い色だと思いません?
あんに含まれる水分をしっかり飛ばしたことで、冷めるころに出てくる水分がパン生地に回って、ちょうどいい塩梅になります。

切ったら、こんな感じ。
空洞もあまり出来ずに、大成功。
110911_093342.jpg
あんこたっぷり、パン生地はフワモチ。

ポールも喜んでくれました。
posted by チカ at 09:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2011年08月13日

ワッフル

今日は、ワッフルのレッスン。
写真が無くて失礼します。イメージは、↓こちらを参考に。
http://www.abc-cooking.co.jp/srv/course/bread/riche/gift.php

本格派なベルギーワッフルって、実は食べたことなく、イースト発酵の生地だということも知りませんでした。
卵、バター、砂糖などの副材料がたっぷり入った、かなりリッチな生地。
ゆるい生地を叩いて引き締めます。
結構たっぷりのワッフルシュガーを混ぜ込みました。

普段はオーブンで焼成ですが、今回はワッフルメーカーを使います。
2つずつ並べて3分間を3回。
キッチンタイマーとにらめっこしながら様子を見て焼き上げます。
最初と2回目は先生がタイマーを入れ、3回目は自分で入れたのですが、フタを開けると全然焦げ目が付いてません。
おっかしいぃなぁ〜?と思っていたら、「300」で3分の設定なのに、「30」しか入れてなくって、30秒の設定にしていたみたい。
でも、逆に長めにセットしていなくてよかった。

5月にパンコースに入会した会社のお姉さんの息子さんが、キッズコースに通っているんですが、今日はたまたま同じ時間に予約を入れていて、ちょうど迎えに来たお姉さんに焼き上がりをお裾分けしました。
いつも私のパンを喜んでいてくれた息子さん、近頃はママがパンを作ってくれるようになりました。
焼き立てのパンって、ホンッとに美味しいよね!
ワッフルも美味しく食べてくれたかな??
posted by チカ at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2011年07月24日

憧れのフランスパン

110723_185919.jpg
夕べ、フランスパンのレッスンを受けてきました。
上級コースを受けようと決めたのは、まさにこのフランスパンを習いたかったから。
ネットで作り方はいくらでも拾えるけれど、やっぱり直に教わるのとは違うと思います。

レッスンの予約を入れたときから、緊張と期待が入り混じった状態でいました。
それが影響したのか、その日の朝、レッスンに遅刻してしまったという夢を見てしまうほど。

先日、仕込みが売り場から見えるパン屋さんに行って、ちょうどクープを入れているところを覗き見して、職人さんがいとも簡単にスイスイとナイフを動かしている様を見て、感動したところです。
私も、あんな風に出来るかな???

今まで習っていたパンの作り方とはちょっと異なる方法で、いつもは2時間のレッスンですが、今回は2時間40分とかなり長め。
今回のレッスンも、同じテーブルの方は皆さん楽しい雰囲気で、ワイワイと受けることが出来ました。

油脂が入らないし、粉はフランスパン用の粉でブチブチちぎれやすく、本当に捏ねづらかったです。
一番の醍醐味であるクープ入れは、まずは本物のクープナイフで布巾を相手に練習。
その後はひたすらエアークープでイメージトレーニングしました。
1人ずつ先生に手取り足取りしてもらって入れていくのですが、5人中4番手の私は、前の人のを見て参考にしつつも、いざ自分の番になったら肘や肩に力が入りすぎてしまい、全然うまく出来ませんでした。
それでも、先生に補正してもらい、何とか開いてくれました。
焼き上がりに聞こえる「天使のささやき」もバッチリ♪

上手くクープが入れられるようになるには、100本はやらないといけないんですって。
後98本、少しずつ練習して、パン屋さんのようにスイスイ出来るようになりたいなぁ。
posted by チカ at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2011年06月11日

ハニーブレッド

110611_122758.jpg
今日のレッスンは、ハチミツを使った食パンです。

普段の食パンは250gの粉に対して25gのバターなのですが、こちらは60gと超高カロリー!
捏ねてる間も、手の温度でバターがドロドロ溶けてきて、ネッチャネチャな雰囲気がずっと続くのにもかかわらず、捏ねすぎてグルテン膜が壊れるタイミングがあっという間に来てしまう、捏ね上がりのタイミングが難しい生地でした。

成形は、2本の棒状の生地をネジネジするだけなのに、斜めに山が出来るちょっと洒落た仕上がり。
もちろん、ハチミツの甘さとコクのあるバターの風味で、シットリと口溶けのいいパンです。

明日の朝は、先月私がご紹介して入会した3人のレッスンが、行われたはず。
ママ2人のパンレッスンは、私がいつもお世話になっている先生で予約をしており、このレッスンのときに、「明日の初心者2人は私のお世話になっている方なのでヨロシク!」とお願いしておいたので、きっと丁寧にレッスンしていただけたのではないかと思います。
posted by チカ at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2011年05月04日

玉ねぎパン

今日はよく動きました。というか、歩き回りました。

まずは、世界のインポート商品の展示即売、また世界・国内のグルメ屋台が食べられるフェアに行ってきました。
http://www.convention-a.jp/import/index.html
この日は、お笑いコンビや、アニメキャラのステージもあるということで、人がいっぱい!
まぁ、もっぱら私たちは花より団子。
ケバブやインドカリー、ジャーマンソーセージにタイのビールを堪能。
もちろん、ビールは私だけね。ごめんよ、ポール。

その後、小倉駅前の広場に移動。
ここでは、去年の今頃に鑑賞した和太鼓集団のチームが、屋外ライブを行います。
http://www.amuplaza.jp/event2011-04happy7days/index.html
どうやら、毎年恒例のようですね。
小倉駅は、1階と3階に改札があり、駅前の広場に向かって大きな階段があります。
その前が演奏する広場になっているため、階段はちょうど客席のようにビッシリと観客が座っていました。

演奏する目の前の空間も、ファンの方々が早朝から場所取りをしていたそうで、もう見ることが出来ないのかと思っていたけど、ちょうど1人分の空間がポッカリと空いたので、私だけ潜り込みました。
久しぶりの太鼓の音に、ついつい体が反応しちゃいます。
やっぱりカッコイイ!
前のおばちゃんのツバ広帽子で少し見難かったけど、何とか隙間から演奏も見えたし、大満足。

演奏が終わってから、この度の震災にあてて、募金が行われたんですが、ポールが人酔いしてしまって気分が悪くなったというので、一緒にその場を避難。
気分が少し回復したところで募金の列に並ぼうとしたけれど、まだまだ人が近づいているのに、もう時間だということで、並べなくなってしまいました。
演奏は、この後も2回目があるということで、そちらに並ぶことにして、一旦退却。

でも、ポールはもう疲れちゃったみたいなので、帰ると言い出しました。
私の方は、夕方からパン教室だし、ここでポールとはお別れしました。
ま、私は1人で過ごすのは得意だもん。。。
デパート巡りをして、次の演奏の直前に駅前に舞い戻りました。

すると、今回も人がイッパイだったのに、ちょうど空いている隙間に陣取ることが出来ました。
1回目とはちょうど180度反対側で、しかも2メートル先に大太鼓がある絶好のポジション。
ドーンと叩くと、心臓がドーンってくらい。
1回目の演奏とは演目が替わっていました。しかも、アンコール演奏で新曲も披露してくれました。
これは2回見て正解でした。
しっかりと募金をして、握手〜。
汗を引かせるために、氷抜きのアイスコーヒーを飲んでから、パン教室へ。

今日のレッスンは、玉ねぎタップリのパン。
同じテーブルには4人。
私と若い子が玉ねぎのパン、もう1人がチョコのパン、お姉さまは全粒粉とクルミのドッシリ系。
みんなガッツリ頑張らなくちゃいけない生地でした。
これまでのレッスンでは、多くても250gの粉だったけど、これは300gだし、塩が多いのでとにかく生地の伸びが悪くて重たい。
太鼓でハシャイじゃって、腕が辛かったのに、そりゃ無いぜ〜!ってため息。
だけど、お姉様がもう面白過ぎる方で、気が紛れました。

こね上がりに玉ねぎをたっぷり混ぜ込みます。
仕上げは初めてのクープナイフで切り込みを入れました。
ちょっとの力でザックリ切れてしまうので、そっとそっと。

はい、焼き上がり〜♪
110504_195509.jpg
大きい!これが2個ですよ!
さすがの300g+100gの玉ねぎだわ。

2時間のレッスンの間はずっと喋って笑っていたのに、焼き上がり後もお喋りは止まらず、出来立てパンを切り分けて、みんなで試食し合いっこ。
玉ねぎのパンは、まるで肉まんのような香り。
きっと、肉まん好きの姑もお気に召すのでは?
posted by チカ at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2011年04月24日

折り込みシート&ウィンナロール

確か、夕べ見た天気予報では、今日は大雨になるはずで、雨が降るんなら、この週末はお出掛けなしかな〜って思っていたので、思いっきりパンを焼く気マンマンで寝たんでした。
ところが、起きてみたらピッカピカの晴れ。
でも、もう出かける気力ゼロ。
パンが焼きたいのーーー!

冷凍庫に眠っていた折込シートを早く使い切らなきゃと思っていたので、この週末で一気に消化。
プリンシートを折り込んで、カラメルタブレットを砕いたのを乗せたパン。
前にも作ってますね。
DSCF3329.JPG
アーモンドスライスを乗せると風味が良くなるんだけど、買い置きが無かったっす。

昨日は、生地を2つに分けて、イチゴとチョコを別々に折り込んだのを編みましたが、今日は2つのシートを並べて折り込んでみました。
最終的に編むつもりだったんだけど、それだと両端に寄ってしまい、2つの味が混ざらない。
初めの時点で、シートを並べる方向を90度回転すれば、多分だいじょうぶそう。
次回こそ!
というわけで、いつもの成形で、グルグル巻きにして、マーブル模様が出来ることを期待。
DSCF3335.JPG
DSCF3337.JPG
縦にスライスすると、んーー、何とか出来てるかな?

最後は、こないだ教わったウィンナロールを復習です。
教室で使ったウィンナーは、結構長めのものでしたが、うちでいつも買うのは短いので、その分、本数を多めに作りました。
DSCF3334.JPG
レシピではマヨネーズを絞りましたが、脂っこくなっちゃうのでパス。

薄く細く切った生地をウィンナーに巻きつけるのって、簡単そうでいて意外と難しいんです。
ちょうど作業中にポールが様子を見に来ていて、「もっと生地を重ねたほうがいいんじゃない?」なんて言ってたけど、二次発酵の間にウィンナーが見えなくなるくらいにムクムク膨らんじゃうんだもの。
むしろ、間が見えるくらいの方が、パン生地ばっかりにならずにいいと思うのですよ。
今回は6本のところを10本に増やしてみましたが、次は12本で作ってもいいかも。

はー、いっぱい捏ねてスッキリした!
DSCF3338.JPG
posted by チカ at 16:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2011年04月23日

アポロ?パン

今日は、チョコレートとイチゴヨーグルトの折り込みシートを使って、ちょっぴりあのチョコレートに似せた味のパンを焼いてみました。

DSCF3326.JPG
食パンの型に入れたので、高さも出たことで、パン生地のシットリ感が増した気がします。

切ったところ。
DSCF3328.JPG
当初、チョコとイチゴの層が1つずつ重なるように成形するつもりでいたのですが、薄く伸ばして折り畳みを繰り返した後に二つを三つ編みにしたので、固まってしまいました。
でも、食べた感想としては、一口ずつチョコとイチゴの風味が入ってくるので、かえってこの方がいいみたい。
posted by チカ at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2011年04月17日

体験レッスン

DSCF3323.jpg
昨日は一日ゆっくりのんびり。
とりあえず、こないだ習ったばかりのベーグルの復習から。

とにかく捏ねる生地。
食パンもかなり捏ねるけど、これは油脂分も少なく、水分も少ない。
それなのに、しっかり捏ねておかないと、後で茹でる時に水分を吸いやすくなってしまい、それが焼きあがった時のシワの元。
相変わらずヒマ状態が続いてストレスはたっぷり溜まっているので、すべてを吐き出すように捏ねまくりました。
綴じ目が開かないように気をつけたはずなのに、4個中2個は輪っかが外れちゃいました・・・。
ま、お腹に入れば一緒だーー。

さて日は変わって、今日はこないだから約束していた、今行っている会社のお姉さん2人と、その内の1人のお嬢さんの3人を体験レッスンにお誘いし、ウィンナーロールパンを作ってきました。
小学4年生になったばかりのお嬢さんは、ママにピッタリと寄り添う、とってもシャイな女の子でした。

普段は内気であまり活発なところが無いそうですが、今回の体験レッスンをとても楽しみにしていたらしく、珍しくハイテンションで準備に余念が無かったそうです。
2人での共同作業で作っていくのですが、親子でペアだと喧嘩になるからと別々にペアを組むように言っていたけど、結局親子でペアになり、ほとんどの作業を娘さんが1人で独占してしまうほど、パン作りをエンジョイしていたようです。
ちょうど、別のテーブルに小学4年生の女の子が本コースのレッスンを受けている姿が見えたのも刺激になったんでしょうか。
発酵や焼成の間に、他のテーブルの見学をしながら、娘さんの目はキラキラ輝いていて、ほとんど言葉を発しなかったのに、最後の方で「パンを習いたい!」と自分から訴えていました。
もう1人のお姉さんも、積極的に受講を検討したいとのことで、次は3人で料理の体験レッスンを申し込んでいました。

焼きあがったパンを持って帰ろうと袋に詰めていたら、「今すぐ食べたい!」と、早速1つを食べてました。
今まで、パンをお裾分けするんでも、前の日に焼いたのを食べることになるし、お店で買うのだって、荒熱がとれたものを買うことになるので、焼き立てのアツアツを食べるなんて、もちろん初めての経験。
しかも、自分で捏ねて、成形し、卵を塗って、、、手間隙かけて愛情こめたパンの味は、言わずもがなですよね。

果たして3人が入会するかはまだ分かりませんが、私がいつもどんな風にパンを作っているのかを、少しは分かって頂けて、よかったです。
何より、楽しい体験になったようで、いい思い出作りになったのではないでしょうか。
posted by チカ at 16:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2011年04月09日

ベーグル

4年前に行っていた職場でお世話になっていた女性の係長さんと、今でも年に一度くらいのペースで会っています。
私より1つ年上ですが、ウマが合うので、ご飯食べてしゃべくってるだけで楽しいのです。
息子さんが、今年高校受験で忙しく、なかなか会えない日が続いていましたが、無事に入学式も終わり、ようやくひと段落付いたので、今日はランチの約束が出来ました。

金曜日は雨が降って、せっかくの桜が散ってしまうかと心配していましたが、お城の公園の桜は、まさに満開!
絶好の花見日和のぽかぽか陽気で、たくさんの花見客がきていました。
DSCF3273.jpg
私たちも、桜を愛でながらの散歩をしつつ、バイキングランチをいただきました。
互いの近況を話しまくって、あっという間に制限時間を迎えてしまったので、場所を替えようとしたのですが、彼女が「ドライブしよう!」と言ってくれ、市内の桜のきれいなところを目指して走りまくりました。
日本人に生まれてよかったね、と心の底から思えるほど、今日の桜はとても美しい。

でも、夕方から私がパンのレッスンを入れていたため、その時間に合わせてお別れ。
夕べ焼いたメロンパンと、息子さんの入学祝を渡すと、とっても喜んでくれました。
次は、あまり時間を置かずに会おうと約束しました。


さて、今回のレッスンはベーグルです。
お昼にしゃべくりまくって、ヘトヘト気味だったけど、ベーグルってかなり捏ねないといけません。
中にはブルーベリーを混ぜ込んで、ちょっぴりお菓子系のベーグル。
私、混ぜ込みが苦手なんだよねぇ・・・。

ベーグルは、今までも家で作ってましたが、完璧なのが出来なくって、最近はあまり作ってませんでした。
実際に習ってみると、メロンパン同様、たくさんの注意点がありました。
綴じ目が開いてしまうのを防ぐ方法や、シワシワにならないようにするポイントを書き留めるだけで手一杯。

出来上がりはコチラ〜↓
DSCF3276.JPG
ツルリンピカピカの焼き上がり。
迎えに来てくれたポールと、アツアツのベーグルをかじると、外はさくっと、中はモチモチ。
そして、ブルーベリーの酸味がジュワ〜。

ベーグルもたくさんのアレンジレシピを教えてもらいました。
食事でもおやつでも食べられるので、これからたっくさん作ろうと思います。
posted by チカ at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

2011年04月08日

紅茶&ココアメロンパン

DSCF3271.JPG
DSCF3269.JPG
先月のメロンパンのレッスンを受けた後、ここにはアップしてないものの、何度か作ってみましたよ。
今回は、レッスンのときに、いくつかのアレンジレシピを教えてもらっていまして、
その中で、先生が一押しの紅茶のメロンパンと、ココアのメロンパンを焼きました。

クッキー生地は、パン生地を捏ねる前に、2種類を仕込みます。
粘り気を出さないように、手早くサクサクッと混ぜるのが難しい。
冷凍庫に寝かせたら、さっそくパン生地に取り掛かります。

メロンパンの生地は150gの小麦粉なので、捏ねるには物足りない量のようですが、
上に乗せるクッキー生地の重みに負けないようにと、しっかりと捏ねないといけません。
一週間の仕事で積もりに積もったフラストレーションを、しっかりとパン生地に昇華してもらいます。

発酵が終わったら、クッキー生地を薄く伸ばして、パン生地をくるみ、グラニュー糖をまぶしたら、筋目をつけます。
この筋目の入れ方も、しっかり、でも、しっかりし過ぎてもいけなくて、ほどよい深さの筋にしないといけません。
二次発酵も、クッキー生地がダレないように気をつけて・・・。

どうしてメロンパンが上級のクラスに入っているのか、最初は納得いきませんでしたが、実際に作れば作るほど、奥が深い。
でも、楽しいし、美味しいし、また作っちゃいます。

これは、明日会うお友達のために、お土産に持っていきます。
posted by チカ at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | おうちパン&レッスン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。